忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 05   2017 / 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     07 >>
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝は寒い。気が付いたら来週はもう11月。
このブログを始めた頃も寒かったっけ。

カウンターがいつのまにか3000カウントを越えていた。
いろんな方がこのブログを見ていて下さる。
検索で来て下さる方や、私が他の方のブログに
置いて来たURLから来て下さる方、リンク先から
来て下さる方、ブックマークして下さっている方・・・。
読んでいただきありがとうございます。
拍手からコメント下さる方もいらっしゃって。
お返事ができずすみません。
ここでまとめてお礼を申し上げます。
これからもよろしくお願いします。

*            *              *

最近いろいろと体調が悪い。
PCのやりすぎか、右の背中から肩、腕にかけて
痛みがある。整形外科にかかり肩に注射を打ってもらい
少し楽になったのだが、肺に何か写っていると言われた。
内科に行って胸部X線を撮ってもらった。異常なしだった。
それからすぐ、健康診断でバリウム飲んだら、こんどは
胃の粘膜に異常があると再検査にひっかかった。
来週胃カメラ飲むことになった。

体調がいまいちで夜熟睡できていないのか
明け方にシュールな悪夢を見て起こされる。
目覚ましが鳴るちょっと前にはっとするので
寝覚めがいいといえばいいのだが
こう毎晩だと疲れる。

ふいに昔の事を思い出して胸の奥が詰まったような
イヤ~~~な感じがする。

ご飯は普通に食べられるし、日常生活は送れているのだが
なんだか苦しい、辛い。

実家から離れて20年近く経つ。
私の中ではもう終わったことだと思っていた実家の家族との関係。
振り返って文章にしてみると、まだ終わっていないのではと
感じるようになった。

どうしたらよいのかと思っても
今更親やきょうだいに何を言っても無駄だと言う気持ちがある。
そして、このような匿名のブログで、家族の事を(親的な表現にすれば
家族の恥を)不特定多数の人達に向けて書いている自分に罪悪感のような
ものを感じている。

家族に関わり合いたくないなんて書いている
私って酷い奴だって思う。

今の私には、私の家族がいて、
それは私がなんとしても守りたい大切なもの。
絶対に守りたい穏やかな生活。

今の私は、毎日ニコニコして暮らしている。
なのに、心の底にはまだ黒いドロドロした気持ちが残っていたんだ。

全部吐き出したい。
でも吐き出したからってどうなるんだと言う
自分の中のもうひとりの自分がいる。

辛い・・・


拍手[13回]

PR

予想はしていたが、久しぶりに家に帰ると
やはり大変な事になっていた。

家の中はメチャメチャ。居間には物が散乱し
台所には洗いものと生ごみが溢れかえっていた。
家の中が汚いのは掃除洗濯すれば済む事なので
いいのだが、それ以外にも何かあったようだ。

父と母から別々に話を聞いたが
二人とも自分は間違っていない、
自分以外の者(私も含め)が悪いと
言うばかりだった。
父の言うことと母の言うことが違うので
本当のところどうだったのかわからないが
二人の話を聞いて私が推測したところはこうだ。

病院の先生は両親との面会を求めていた。
母はしぶしぶ応じたが、父は頑として応じなかった。
ある時父が、上弟を罵倒した。
薬なんぞで怠け病が治るわけないじゃないかと。
上弟は家を飛び出した。
先生に相談し入院することにした。
上弟には家族と居ること自体が毒だと
先生は判断したのだ。まあ当然の判断だろう。
しかし、たった数日で上弟はギブアップしてしまった。
病院の管理された生活が嫌だと、いともあっさりと
家に帰って来て、また部屋に閉じこもってしまったのである。
昼夜逆転の生活、
食事は夜中にカップラーメンを作って食べていたようだ。

母は、先生に会ってきたものの、
進展は見込めそうもないと感じた。
どんな話をしてきたのかと聞いたら
「あの先生、何を言うかと思ったら
息子さんのこと抱きしめてあげて下さいだって。
自分より体が大きくなった息子にそんなこと
できるわけないじゃいの。気持ち悪い。」
と言ったのだ。

私にできる事なんて、もう何もないのではないか。

これ以上関わり合いたくない。

当時の私の正直な気持ちだ。




 

拍手[7回]

上の弟が病院に通い始めてしばらくした頃
仕事でひと月ほど家を空けることになった。

私は正直ほっとしていた。

およそ家族とは呼べないような人達のいる家に帰らなくてもいい。
世界中の不幸を全部背負ったような顔をしている
上弟を見なくてもいい。
パニックを起こし暴れる下弟を見なくてもいい。
ヒステリックに怒鳴りちらす母と会わずに済む。

ホテルで毎晩自分の好きなTV番組を見て過ごす。
食事もひとりでゆっくり食べる。
仕事は大変だったんだが
なんだか長期療養でもしているような気分だった。

家に帰るとまた大変な思いをすることは予測していたのだが・・・。

拍手[5回]

前の記事wish.yotsumeyui.com/Entry/59/を書いていてもう一つ思い出した事。

大学に入学してから半年くらい、生理が来なかった。
たぶんストレスからだったんだろう。
きっちり28日周期で来ていたものがピタっと止まったので

「妊娠?身に覚えは全くないのだが。」

とビビったが、他に体調の変化もなかったので
結局半年放っておいた。

家を出て、暮らしが落ち着いた頃再開した。
やはりストレスだったのだろう。

以前友人とランチをした時に
友人の娘さんが生理不順で、一緒に婦人科へ行って
血液検査をしてもらったという話を聞いた。

「私もそういえば大学入った頃、半年生理止まってたっけ。」
と言うと

「えっ?お医者さんに診てもらわなかったの?
お母さんに相談しなかったの?」
と驚かれた。

そう。あの頃の私には相談できる相手がいなかった。

あの頃の母は、何を言っても、ふた言目には
「大学なんて辞めてしまいなさい!」
だった。

生理が止まったなんて言ったら
「だから大学なんて行かない方がいいの!
辞めてしまいなさい!」
と言われることが分かっていたから、言えるわけがない。

婦人科の病院に行く勇気もお金もなかった。

幸い、家を離れてから生理が来たのでよかったが、
もし、万が一、妊娠していたら
万が一、重篤な病気だったら
どうなっていたんだろう。
誰にも言えずに、放っておいたのだろうか。

時々、高校生が自宅のトイレ等で出産してしまったという
ニュースを聞くけれど、
あのころの私と同じ様に
誰にも相談できなかったんだろうなぁと思う。
本人ばかりを責められない。







拍手[6回]

発言小町「高校生でカツラ」というトピックを読んで思い出した事。

高校生になってしばらくした頃
左側頭部に10円玉くらいのハゲができていることに気付いた。
厳密に言うとハゲではなく、10円玉位のスペースの毛が
長さ1ミリ程になってしまっていた。

学校の帰りに皮膚科に寄ると
これは円形脱毛症ではないだろうと言われた。
先生はペットからの感染症を疑っていたようだが
その時家ではペットを飼っていなかった。
先生は不思議がっていたが、感染症であっても
状態はもう治りかけであるので心配はいらないということであった。
そうか、ならば放っておこうと思った。

ある日、クラスメートに指摘されて気付いた。
授業中私はずっと頭を掻いたり髪の毛を毟ったりしてていたようだ。
それで髪の毛が切れたり折れたり抜けたりして10円ハゲ状態に
なっていたのか。

どうしようかなと考えて、毛を毟らないように髪の毛を常に
ひっつめて縛っておくことにした。
そのおかげか、ハゲが10円玉より大きく広がることはなかった。

社会人になる頃には消失していた。

親には話していない。
話したところで怒られるだけってわかっていたから。
アンタのために余計な手間はかけられないと
叱責されるだけだ。

発言小町のトピック主さんの家庭環境はわからないが
私の場合は髪の毛をめくってみないとわからないほどの
ものであったから、親も気づかなかったのだろうが
すれ違う人に見られるほどのものを親は気付いていないのか?

親御さんに相談をというアドバイスが多いのはもっともだとは思うが

言えないって思うトピック主さんの気持ち、わかる。

拍手[3回]

先週NHKのSongsという番組で山口百恵の歌がたくさん流れていた。
私これ全部歌えるわ!百恵ちゃんの歌、大好きだったなぁ。
大好きだったんだけど・・・いろいろあったっけ。

あの頃は、ラジカセでラジオ番組からカセットテープに楽曲を録音して
楽しむのが当時の小中学生の最もオーソドックスな方法だったと思われる。
土曜、日曜の午後にやっているトップ20とかの番組では
フルコーラス流してくれていた。
曲の始まりに合わせて録音スイッチを押し、曲が終わる時にストップボタンを押す。
タイミングを誤るとCMが入っちゃったり、曲が途切れたりするのだが
まぁそれもご愛敬といった感じで楽しんでいた。

そして、あの頃は下弟が最も私の部屋を荒らしまくっていた時期であった。
wish.yotsumeyui.com/Entry/5/

ある日私が学校から帰ると、例によって部屋はメチャクチャだった。
お気に入りの曲が入ったカセットテープ、テープの部分が引っ張りだされていた。
1m以上引っ張り出されテープはクシャクシャ。カセットテープの穴に鉛筆を差し込んで
中に巻き入れてみた。ラジカセに入れて再生するとウニャ~ラ~というような異音がして
止まってしまった。開けてみると中でメチャメチャに絡まっていた。
一生懸命ラジオ聴きながら録音した私のお気に入りが・・・。
キィ~~~~ッ!!!涙が出た。

またある時は、部屋が荒らされてないのでホッとしてカセットの音楽聴こうと
再生ボタン押したら・・・何か変だ。????????
私が一生懸命録音した楽曲の上から下弟が自分の声を録音していた。
「こんなぁ~、そんなぁ~、こんなに~ぃ、そんなに~ぃ・・・」という声が延々と続いていた。
10回ほど繰り返したのち「いいかげんにしろ!・・・カチャ」

きぃぃ~~~っ!!

爪を折っておかなかった私が悪いんだけどさ・・・。
腹立たしいわ悲しいわで泣けてきちゃった・・・。

下弟に怒ったら母に叱られた。
涙と溜息しか出なかった。




拍手[3回]

今朝の新聞に載っていたある記事の中に書いてあったこと。

小学校5年生の女の子が母親と一緒に歯科医院にかかり
X線写真を撮ってもらったところ、奥の乳歯の下に永久歯が
写っていなかった。これはまれにあることで、乳歯がぬけても
永久歯が生えて来ない。乳歯が抜けたら人口の歯をいれる必要が
あると医師から説明を受ける。
以下記事の文章をそのママ抜粋。

”母親は絶句した。”

”一生永久歯が生えない-。
その現実がわかりだすと、母親だけでなく女児も泣きじゃくり始めた。”

ええっ?

あのぉ・・・。実は私も2年程前、娘と一緒にまるっきり同じこと
告知されたんですが・・・。
その時の私と娘の会話。

「その歯が抜けちゃったら、永久歯生えて来ないんだって。
虫歯にならないように大事にしなくちゃね。」

「うん!」

受け取り方の違いにそれこそ
「絶句」してしまった。

人にとって何が幸せで何が不幸なのかって
本当に主観的なものなんだなぁ。

「永久歯が生えて来ない」という事実が
記事中の親子にとっては、泣きじゃくるほどの悲しい告知なのに
私と娘にとっては
「へぇ~、そうなんだ!」という程度のことだった。

高校生の頃、クラスメートに言われたことがある。

「Yちゃん(私と同じ中学出身の子)に聞いたんだ。
Murphyちゃんっていろいろ大変なんだね。
YちゃんがMurphyちゃんのことホントに偉いねって言ってたよ。
私もそう思うよ。」

何?偉いって?私の何がエライの?どこがエライの?
大変だとは思ってたけどエライって何?

大変だねって言われたことはちょっと救われたかもしれないけど
エライって言われたのにはもやもやした。
私はニヘラっと笑うしかなかった。

私はひねくれているんだろう。
友人はねぎらってくれたのだ。
大変な思いをしているであろう私の事を。

素直に「ありがとう」と受け取る心を
あの頃の私は持っていなかったのだ。

どんな言葉がけも受け取り方で
大きく変わってくる。

同じ事実でも、受け取り方で
幸せだったり不幸だったり、嬉しかったり悲しかったりする。

そんな事をふと感じた朝だった。

 

拍手[6回]

参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]