忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 08   2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     10 >>
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

娘を実家に連れて行かないと宣言してから
数年の月日が流れ、娘が中学生になってしばらく経った
頃のことだ。

娘が友人と下校中に下弟に声をかけられたと言う。

子ども達の通学路と弟の通勤ルートは自宅から数百メートルの
場所にある交差点で交わっている。
そんな事で偶然顔を合わせたのだろうかと思ったが
声をかけられたのは自宅のすぐそばだったようだ。

当時の帰宅時間は、娘、私、息子、夫(かなり遅い)の順だ。
息子に登下校中に弟に会ったことがあるかと聞くと
今まで一度もないと言う。
私は定時で帰る時は会わないが少し遅くなった時に件の
交差点で見かける事はある。
しかし弟は私に声をかけられるのが嫌なようで
信号が変わると自転車をこいでサーッと走り去って
しまうのであった。

もしかしたら弟は娘が帰宅するのを近所で待っていたの
だろうか?

で、どうするつもりだったのだろう?
友人が一緒だったせいか弟はそのまま走り去って行った
ようだが。

私は母に電話してこのことを話した。

母は弟は娘の事が可愛くてただ顔が見たいだけで
過去の事だって、娘の事が可愛くて刺激的な言葉を
言ってしまっただけなんだと言った。
実際のところ本当にそういうことができるかどうかなんて
わからないし、とも言った。

当時の娘は小さかったが、今は中学生になって
叔父が自分に対してどんなに恐ろしい言葉を吐いたかを
その内容について十分理解している。
実際に性行為ができるできないなんて事は
この場で議論する内容ではない。
やっぱりいくら言ってもわかってもらえないのか。

今後も仕事帰りに待ち伏せのようなことをするのなら
家を売って引っ越します、と言った。

それからまた数年が経った。
今のところ家を売って引っ越さずにすんでいる。



拍手[11回]

PR
父が亡くなってから娘が私の実家に行くことはなかったのだが
その日はたまたま娘が家にいて、母が娘にケーキを買って
おいてくれてあるというので連れて行ったのだ。

母と私は父の法事についていろいろと打ち合わせをしていた。
そんな時に下弟が居間に入って来た。
娘を見て興奮したのか
卑猥な言葉を言いまくったのだ。
娘ちゃ~ん、おっぱいもみもみしちゃうぞ~
動画でセックスしてるの見た~。
服脱がしてセックスしてた~。
などとセックスと言う言葉を連発。

帰り道、娘が言った。

「私もうおばあちゃんちには行かない。気持ち悪い。」

当時の娘はまだ小学生。
しかし、叔父が自分に対して性的な興味を持って
接してきていることがわかったようだった。

私ははっとした。

弟が卑猥な言葉を言い始めた時
私はすぐ席を立って娘を連れて退去するべきだったのだ。

弟の大声の独り言、卑猥な独り言に慣れてしまっていて
母も私もたいして気にも留めていなかったのだ。

娘にとっては耐え難いほどの異常事態であったのに。

「ごめん、ごめんね。」
私は娘に謝るしかなかった。

すぐに母に電話して話したが
「下弟くんは娘ちゃんのことが可愛くて言ってるだけなのに。」
と娘や私が過剰反応しすぎだと言わんばかりであった。

「もう連れて行かないから。」と言うと
母は
「仕方ないね。」
と言った。

拍手[9回]

とある掲示板を読んでいて
これは気の毒だ、と思った。

会員制の掲示板なのでリンクが貼れないし
コピーして貼り付けるわけにもいかないので
私の言葉で書いておこうと思う。

相談者は義兄が自閉症。
自分の身の回りの事は自分でできるようなので
知能の遅れは比較的軽いようだ。

夫との間には2歳の娘がいる。

義兄がここ最近性的なことに興味を持ち始め
夫や自分に対して女の子の下着を見せてとか
ハイレグを見せてくれなどと言う。
あげくは2歳の娘のおむつ替えや着替えを
覗くようになった。

義父までが一緒に見ている。
その上、娘のお風呂上がりの裸のムービーを
撮らせてくれと言ってきたことも。

義兄はTVに好きな女の子が写っていたりすると
家族の前で平気で性器を出し触りながら大声で
喚いたりする。

義両親と夫はいつものことだと気に留める
様子もない。

これから第2子の出産を控え、夫が娘を連れて
実家に泊まりに行くのが不安で仕方がない、というもの。

*          *         *

私の弟は幸いロリータの気がなかったので
娘が小さかった頃、特に心配な言動はなかった。
ただし、娘が成長したら注意が必要だとは思っていた。
うちの場合、父がまともな人間だったのと
弟は父を怖れていたので、父が最も可愛がっている
私の娘に構うことはなかったのだ。

父が元気だったうちは。

*       *       *

本当に本当に心配だ。
相談者の夫に気づいて欲しい。
異常な出来事も続いていると普通の事になってしまう事を。
大の男が人前で性器を触りだす事がどれだけ異常なことで
あるかを、気づいて欲しい。

*        *        *

弟は父がいなくなった後、娘に対しての性的関心を
顕わにした。

私は二度と娘を実家に連れて行かないと母に宣言した。

拍手[11回]

発言小町に「相続放棄したら妻がキレました」というトピックを見つけた。

父が亡くなった時、私も相続放棄をしている。
夫には事後報告だった。

「相続放棄したから」

「あ、そう。」

で終了。お金に執着のある人だったらここでひと悶着あったんだろうか。

それにしても、思い出すとため息が出る。

父がなくなったあと、片付けや法事などでたびたび実家に行っていたのだが
その日の母は数年前伯父が亡くなった時従兄弟のお嫁さんがどれだけ
強欲だったかをとうとうと話すのである。
ひどいでしょ?と聞くのではぁまぁそうねぇと曖昧な相槌をうったところ
そうよね、あんたはそんなこと言わないわよね、と相続放棄の書類を出し
著名、捺印をするように言ったのだった。
従兄弟の嫁が強欲だとかそんな前置きしなくてもいいのに。
お金にきたない娘だと思われていたのかしら。

拍手[3回]

記憶というものは年を経ていくにつれて美化されたり修正されたりする事はわかっている。
わかってはいるのだが・・・。

先日久しぶりに母と話していて驚いた。
もちろん態度にはおくびにも出さなかったが。

母は上の弟が引きこもってしまった過程について、自分は全く関わっておらず
全て父と私が母のあずかり知らぬところで上弟のことを追いつめ、その結果
彼は精神を病み引きこもることになったのだと思っているのだ。


母は昔の様に激昂して私を責めるような言い方はしなかったが
母の記憶は私の記憶とは全く違うものになっていた。

要するに全部父と私のせいなのだ。

母は自分や弟は、父と私の勝手と我儘に振り回され人生を狂わされた被害者だと
本気で思っているようである。

母方の親戚が私を説教する訳がよくわかった。

全部私のせいなのだ。

全て私が悪いのだ。

今更言い訳も言い逃れもする気はない。
そんなことしても虚しいし、疲れるだけだ。


 

拍手[8回]

父が亡くなった頃のこと。

実家の宗派では、葬儀の後49日まで
一週間毎に家に集まり、お経をあげることに
なっていた。(七日経というらしい)

毎週夕方、両親の親族が集まってお経を
あげていた。
遠方に住むおじおば達は来られないものの
きょうだいの多い両親のおじおば(叔父叔母
伯父伯母両方なのでひらがなにしてみた)
私の家族、実家の家族3人を足すと総勢
20人近くの集まりになる。

夕飯時にかかるので
毎回軽い食事を用意していた。
はじめから作るのは大変なので
お寿司を買ってきたり、おむすびを
用意したりしておじおば達を迎えていた。

何回目の集まりだったかは忘れたが
夕方夫から電話が入った。
急に取引先にに出かけることになった、
お経の時間には間に合いそうもないが、
終わり次第駆けつけるので、よろしく伝えてくれとのこと。

母に伝えると、あらそうなの大変ね~と言って
彼の分にと一人前の寿司折を用意してくれた。

お経を唱えた後、軽い食事会の終わり間際になって
夫が到着した。

私は母が用意してくれた寿司折をお茶と一緒に
夫に出した。
夫がありがとうと言って食べ始めると
おばの一人が寄って来た。

なんか嫌な予感。

というのもこの人、チェックが厳しくて
通夜から葬儀告別式の間、私は何度も
Murphyは気が利かない、お茶を出すタイミングが
悪い、あなたがしっかりしなくてどうするの等々
ダメ出しを食らいまくっていたからだ。

案の定、おばは夫に向かって
来て早々、どっかと座って自分用の寿司を
食べているとは何事かと言ったのだ。

これからこの家を守っていく立場にあるというのに
甘えている!と。
隣に座っていた子供達にまで
聞いてる?ちゃんと聞きなさい、と。

説教の内容は、


あんた達がしっかりしないでどうする!

先々ここの家族の面倒を見るのだから!

甘えているんじゃない!


ということだった。

この家の長男様である上弟の立場は?

少し離れた所に座っていた上弟は苦笑していた。

私は腸が煮える思いで、よほど言い返したかったのだが
夫や子供たちが大人しく聞いているので
なんとか堪えたのだった。

一人前の寿司を用意してくれたのは母の厚意だったのに。
仕事で遅くなった娘婿に皆が食べ散らかした後のお寿司を
食べさせるのは・・・と思って用意してくれたのに。

その場に母が居合わせていなくてよかった。

拍手[13回]

ネット上では、自分と似た境遇に立たされている人が、結構いるのだ。

このブログにたどり着く人は大抵知っているのだろうけど
ピックアップしてみた。

子どもが障害児、二人目を産みますか?
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/1026/153473.htm?g=05


親の死後 障害のある姉のこと
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0208/384944.htm?g=06


妹(知的障害)の将来
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0608/415727.htm?g=06


義兄の将来
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0531/413653.htm?g=06


知的障害を持つ義弟の将来(愚痴です)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0701/422474.htm?g=06


家族に身体・知的障害者のいる人のスレッド
http://unkar.org/r/live/1282233588


兄弟が障害児の子
http://unkar.org/r/baby/1277052691


障害を持つ兄弟姉妹から逃げたいです 4
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1310333616/

これらを読んでいると、問題なのは
障害者”本人”よりも
ただ可哀想と言ってロクに躾も療育もせず
自分が年老いてきたら、手に負えなくなったら
兄弟姉妹に障害者を丸投げする”親”なんだな。

私の母は療育は受けていたものの「弟は普通の人間」だと
思い込んでいるので、施設に入れることを提案しても全く聞く耳を持たない。

口には出さないものの、私の労力と夫の収入をあてにしていることはわかる。

絶縁覚悟でガツンと言わないといけない時期に来ているのだろうか。

私はどんなに冷たい人間だと言われても自分の夫と子ども達を優先する。

お母さんと違って、私は弟のことを愛していない。愛していないのです。










拍手[11回]

参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]