忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 02   2017 / 03   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     04 >>
[1]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

父が亡くなってから娘が私の実家に行くことはなかったのだが
その日はたまたま娘が家にいて、母が娘にケーキを買って
おいてくれてあるというので連れて行ったのだ。

母と私は父の法事についていろいろと打ち合わせをしていた。
そんな時に下弟が居間に入って来た。
娘を見て興奮したのか
卑猥な言葉を言いまくったのだ。
娘ちゃ~ん、おっぱいもみもみしちゃうぞ~
動画でセックスしてるの見た~。
服脱がしてセックスしてた~。
などとセックスと言う言葉を連発。

帰り道、娘が言った。

「私もうおばあちゃんちには行かない。気持ち悪い。」

当時の娘はまだ小学生。
しかし、叔父が自分に対して性的な興味を持って
接してきていることがわかったようだった。

私ははっとした。

弟が卑猥な言葉を言い始めた時
私はすぐ席を立って娘を連れて退去するべきだったのだ。

弟の大声の独り言、卑猥な独り言に慣れてしまっていて
母も私もたいして気にも留めていなかったのだ。

娘にとっては耐え難いほどの異常事態であったのに。

「ごめん、ごめんね。」
私は娘に謝るしかなかった。

すぐに母に電話して話したが
「下弟くんは娘ちゃんのことが可愛くて言ってるだけなのに。」
と娘や私が過剰反応しすぎだと言わんばかりであった。

「もう連れて行かないから。」と言うと
母は
「仕方ないね。」
と言った。

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
娘を守る母 守らない母
Murphyさん

こんにちは。

よくぞ娘さんの立場に立って、
「ごめんね」と言ってあげてくださいました。

誰もそれを言ってあげない、
むしろ「いやだ」と感じる子どもを責める、
そして、ただ、ただ、理解を強いる。
それは、わたしたちが受けてきた仕打ちであり、
家庭内で性暴力にさらされた経験を持つ仲間の多くが
受けてきた仕打ちでもあって。

障害によって、とんでもない言動をすること自体は、
本人のせいではない。
そのことに「社会」は理解を持つべきだとは思います。
だけど、「社会」って、何だろう。
「理解」って、何だろう。
「理解」は、本人よりも、心身ともに強く、大人であって初めて
できることです。
で、「理解」と、実際にそういう人とどういう関わり方をするのかも、
また別の話。

ご実家に娘さんを連れていかないご判断、
とても、とても支持します。
(その場で、とっさに立ち去る判断ができなかったことは、
われわれのような立場の人間が持つ
弱点かも知れませんね…)
MARU URL 2013/05/08(Wed)16:02:46 編集
ありがとうございます
この件については本当に本当に
深く反省しています。

異常なことも慣れてしまうと日常に
なってしまうと愕然とした出来事でした。

娘がはっきり言ってくれてよかった。
黙って我慢していたら・・・と思うと
寒気がします。

>障害によって、とんでもない言動をすること自 体は、
 本人のせいではない。
 そのことに「社会」は理解を持つべきだとは思 います。
 だけど、「社会」って、何だろう。
 「理解」って、何だろう。
 「理解」は、本人よりも、心身ともに強く、大 人 であって初めて
 できることです。
 で、「理解」と、実際にそういう人とどういう 関わり方をするのかも、
 また別の話。

本当にそう思います。


Murphy 2013/05/08(Wed)22:16:15 編集
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]