忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 04   2017 / 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     06 >>
[105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30年以上前のことなので記憶が曖昧ではあるが。

高校生になってすぐの頃
私は母と下弟が参加している
知的障害の子ども達と遊ぶサークルの一員として
活動することになった。

近辺のいくつかの大学が合同で作ったサークルで
日曜日に地域の知的障害のある子供たちと遊ぶのだ。

親達は別行動で会合などをしていたらしい。

メンバーは各々担当の子どもを決められて
その子供をしっかりと見ている決まりであった。

私には弟と同じくらいの年の自閉症の男の子を
担当として任された。

多動でパニック起こしまくりの子どもを一日見ていると
夕方にはヘトヘトになった。

母は子どもと離れ別行動しているのに
どうして私はずっと自閉症の子どもの面倒を見て
いるんだろう?と疑問に感じ始めた頃
私は担当の子どもの脱走を許してしまったのだ。
メンバーみんなで必死に学内学外探し回って
幸い無事に見つかったのだが

次の週から私の担当は自分の弟になった。

大学生のお兄さんお姉さん達は
月曜日から土曜日までは普通に生活して
日曜日だけこういった子供たちと遊ぶだけだけど

私は自分が高校で授業を受けている時間以外
ずっと関わらなければいけないのだ。

疲れた。もう嫌だ。

母に日曜日は家事を全部やるから留守番させて
欲しいと頼んでみた。
意外なことに母はあっさりそうすれば?と言った。

*           *           *

今になって思うが、そのサークルには
母が無理言って入れてもらっていたのかもしれない。
大学生のメンバーの方々も本当は迷惑だったのかも。
参加していた大学生の誰ひとり顔も名前も覚えていないので
どんな風に私のことを見ていたのかさっぱりわからないが。

サークル名で検索してみたら今も活動しているようだ。
今はきょうだいに対するフォローが行われているのだろうか。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]