忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 09   2017 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「で、いつもらってくれるって?」

母に彼のことを話した時、最初に言われたひとことである。

なによそれ、犬や猫の子じゃないんだからさ~

と心の中で突っ込みながら

「まだそんなことわからないよ・・・。」と答えた。

当時女性はクリスマスケーキなんて言われていた。
24までは飛ぶように売れるけど25過ぎたら売れ残りってことだ。
私はすでに売れ残りの年齢であった。

連休に彼が実家に帰省するたび、母は私に
「見合いしろ!」と言ったり(見合いする相手もいないのに)
「一緒に連れて行って親に紹介してもらえないのなら
遊びで付き合ってるだけでしょ、すぐ別れなさい!」と言った。

私だって結婚して家を出て行きたかった。

しかし、物事には順序やタイミングがある。
彼にはまだ私と結婚する意思はないのだ。
そして私は彼と別れたくないのだ。
それで十分だと思っていた。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]