忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 04   2017 / 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     06 >>
[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小学生になった下弟は、時々行方不明になった。

ちょっとした隙に教室を出て行ってしまうらしい。

彼は普通学級と特殊学級(当時の言い方)とを
行ったり来たりの生活だったので、休み時間のホントに
ちょっとした隙に外へ出て行ってしまった。
その度に母は呼び出されて、探しまわり、連れ戻していたようだ。

この頃私は、家事担当員となっており、下弟が家の外で起こす
問題にはかかわっていなかったので、この辺の事は全て母から
聞いた話になる。

ある日、下弟が夕方になっても家に帰らなかった事があった。
学校に問い合わせると確かに下校した、近所の子ども達に
聞いても確かに家の前まで歩いてきたという。

一体どこへ行ったのか?
近辺を捜し回ったがどこにもいない。
日が暮れてきて、これはもう警察に捜索願を出すかと
いうところに一本の電話。

家から60Km程離れたある都市から。
こちらでお宅のお子さんを保護していますから迎えに来て下さいと。

特急電車の中で切符を持たずに乗っているところを
車掌さんに声をかけられ、パニックを起こしたため
次の駅で降ろされ、保護されたらしい。
ランドセルをしょっていたので、そこから連絡先がわかったようだ。

どうやってその列車に乗ったのかは今現在も謎のままなのだが。

弟を迎えに行って返ってきた母は
無事でよかったという安堵感と共に疲労困憊した様子であったのに

私が下弟に

「大冒険したね!」

とKYな一言を発したため、後で母からひどく怒られた。

20年以上経った未だに
「あの時のあんたの能天気な一言には腰が抜けそうになった。」
と言われる。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
不謹慎にも
【大冒険】には笑ってしまいました。
私の兄は、小さい頃パンツ一丁で
近所の家に上がり込んでいましたよ~

放浪癖?があるのかな??
無事に見つかってよかったですよね。
かな 2010/05/13(Thu)12:30:03 編集
パンツ一丁も
すごいです。笑えます(^m^)
近所のお家の方もビックリしたでしょうね。

弟の放浪癖、今は大丈夫ですが
小学生のころはいろいろやらかして
いましたよ。ホントに無事でよかった。
Murphy 2010/05/13(Thu)21:11:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]