忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 11   2017 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     01 >>
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私には2人弟がいる。
自閉症の下弟と健常児だった上弟だ。

このブログの事は誰にも話していない。
もちろん上弟にも。

私は、彼が自分がきょうだい児であることについて
どう思っているのか全く知らないので
彼のことをいろいろブログに書くのはどうだろうと思ったのだが、
私が経験した過去の出来事のひとつとして記述しておくこととする。

上弟は大人しく穏やかな子どもだった。
そんな上弟を母は溺愛していた。
あからさまに私と差をつけられたものだから
私は彼を妬んでいた。

しかし上弟は父とは折り合いが悪かった。
顔も性格もよく似ていたのだが、
磁石の同極が反発しあうかの如く
反発しあっていた。
本当に仲が悪かったのだろう、上弟は
父が病気になっても、一度も見舞うことなく
臨終の際に駆けつけて来ることもなかったのだ。

私達がティーンエイジャーになった頃、
父と母の仲は冷え切っており、
かといって離婚することもせず、
家庭内の空気は最悪だった。

母は上弟を溺愛。溺愛と言っても
今思うと、自分の思うようにしようとコントロールしていただけだった。
特別扱いされる上弟を妬んでいた私は、上弟に優しくできるはずもなく、
ウマの合わない父からは辛く当たられ、
彼は家庭内サンドバッグ状態だった。

母が上弟の教育費に関しては出費を惜しまなかった為
彼は県外の私立大学に進学することができた。

「うまく実家から遠くに逃げたじゃん。」

当時の私はそう思ってイライラしていた。
「受験費用だけで、私の4年分の学費以上の金
使ってんじゃん!自分で一銭も出さないでさ!」
等々酷い言葉を吐いていた。

上弟は県外の大学を卒業し、遠くの地で就職。

あの子はもう実家に戻っては来ないだろう。
その土地の女性と結婚して
実家と縁を切るつもりなのだろう。

しかし、彼は心と体を壊して実家に戻ってくることになる。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
なんだか泣きそうになってしまう話題ですね。やっぱり親の存在って大切なんですね。私いい親になれるか不安だな。私は弟しかいなかったけど、家の親は本当はもう1人欲しかったみたいです。私だけで弟のこと抱え込まないようにって。だから、少しうらやましいです。でも、せっかくそんな風に悩みを分かちあえる兄弟いるのに、なんかせつないですね。。。いつか、分かりあえたらいいですよね。
yuka 2010/06/11(Fri)20:47:49 編集
yukaさんへ
コメントありがとうございます。
その後お体の調子はどうですか?

私もいい親になれるか今でも不安です。
よかれと思ってしたことが必ずしも
子どもに良い結果をもたらすことに
ならないっていう実例を目の当たりに
してしまっているので・・・。

yukaさんは二人きょうだいなんですね。
私にはもう一人きょうだいがいて本当なら
悩みを分かち合える存在である筈なのに・・・。
せつないです。
Murphy 2010/06/12(Sat)11:32:37 編集
無題
そうなのですね・・・
ちょっと、悲しい、苦しいお話で
私の家は兄弟は私と弟だけだったので
もう一人いてくれたら違ったかなあ、と思っていました。
でも、何事も思うようには進まない悲しい現実が存在するのですね・・・。
うちは去年、父の暴力から母と弟を連れて逃げだしましたが
それから弟との関係がとても良くなった気がします。
私自身の、弟に対する気持ちがすごく変わったのです。
やっぱり、今までは父に「お前が弟の面倒を一生見ろ」と言われていたのでなんだか反抗したかったのかなあ。
今はだれもそんなこと言わないので、逆に私が弟と母を守りたい!って本気で思えるようになりました。
縛られるということが実は人生の中で一番苦しいことなのかもしれませんね・・・。
さきさわいずみ 2010/06/12(Sat)23:42:37 編集
さきさわさんへ
お父様は暴力をふるう方だったんですか!
さきさわさんとお母様、本当に大変な思いをされたんでしょうね。涙が出そうです。

縛られることが人生の中で一番苦しいことかもしれない・・・私もそう思います。
上弟は特別扱いの上に事あることに
「あなたは大事な長男なのだから。」と
言われていて、私以上に精神的に縛られて
いたんだろうと思います。
Murphy 2010/06/14(Mon)10:38:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]