忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 02   2017 / 03   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     04 >>
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人の一人が小学校の教員をしている。
彼女とは長い付き合いで、下弟の事も知っている。

夫の転勤で地元に戻った頃、彼女から
支援学級の補助教員をしないかとの申し出があった。

彼女の勤務先の支援学級に自閉症の子ども達がおり
補助教員を探しているということで
教員の資格を持っている私に声をかけてくれたのだ。

「Murphyから保護者の方に、
こども達が大人になってからの事を
いろいろ話してもらえたら、少しでも
安心してもらえるかなって思うの。」
と、彼女は言った。

私は
「安心するような話は何もできないと思う。
 実家の母、60過ぎても未だに菓子折り持って
頭下げに行くこともあるんだよ。せっかく声かけて
もらったんだけど、支援学級の補助教員はとても無理だわ。」
と、即座に断らせてもらった。

友人は驚いていたかもしれない。
自分は以前から、ただの一度も下弟に関するネガティブな言動を
一切したことがなかったから。
↑の私の発言に失望したかもしれない。


母も私も世間では元気で朗らかなので、
一生懸命障害のある家族を守っている、
TVドラマで見る通りの人に見られてるのかな。

大人になってからはああいったドラマは見ていないけど
(もやもやすることがわかっているので見られない)

現実はTVドラマのようなわけにはいかないよ・・・。

 

拍手[16回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
リンクありがとうございます☆
Murphyさん、もやもやするお気持ち、お察しします。
私の方のブログは更新頻度がかなり低いのですが、
ゆっくりぼちぼちやっていこうと思いますので、
今後ともよろしくお願いしますね!
かな URL 2010/03/24(Wed)13:22:45 編集
こちらこそありがとうございます♪
コメントありがとうございます。

障害者を扱ったTVドラマに
もやもやする気持ち、
共感いただけてとても嬉しいです。
現実世界ではなかなか口にできないですもんね。

ブログですが、
私の方もゆっくりぼちぼちやっていこうと
思っていますので、こちらこそ
よろしくお願いします。
m(_ _)m
Murphy 2010/03/24(Wed)22:32:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]