忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 09   2017 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[77]  [76]  [75]  [74]  [72]  [71]  [70]  [68]  [67]  [66]  [65
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結婚して1年が経った頃、私は妊娠した。

実家の近くに寄った時に
母に報告した。

「赤ちゃんができたよ。」

母の第一声は

「面倒みないからね。」

だった。

別に面倒見てもらおうなんて思っていなかったのに
どうしてそんな言い方するんだろうと悲しくなった。
私が勝手に母が喜んでくれると思っていただけなのか。

次の日、家で休んでいると母が訪ねてきた。
両手にスーパーのビニール袋を提げている。

「つわりはあるの?ご飯は食べられてる?」

ビニール袋の中にはみかんやクラッカー
タッパーに入ったお惣菜、小さな白いおむすびが
たくさん入っていた。

「私が暖かいご飯が駄目だったからね。
少しづつ食べられる時に食べたらいいのよ。
おかずはH君(夫)に出してあげたらいいわ。」

少しばかり世間話をしたのち、母は

「大事にするのよ。」

と言って帰って行った。

母が作ったおむすびを食べるのは何年振りだろう。

程良い塩味の小さなおむすび、とても美味しかった。

ありがとう、お母さん。
赤ちゃんができたこと、喜んでくれていたんだね。

私は、反射的に面倒は見ないと言ってしまった母の
今までの子育ての日々、これからもずっと続いて行くであろう
下弟との日々を思って、ちょっと切ない気持になった。

 

拍手[11回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]