忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 06   2017 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [72]  [71]  [70
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が初めてプラネタリウムを観たのは小学4年の夏だった。

下の弟は小さかったはずなので、父と上の弟と3人で遠出して
科学館に行ったんだろうと思う。

そこのプラネタリウムはまず最初に学芸員さんがポインターを使って
東西南北の方角の説明をしてくれた。
プログラムが始まると空いっぱいの夕焼け、そして1番星、2番星と
星が出てきてあっという間に満天の星空に。
星座の説明やそれにまつわるお話、惑星や恒星の話など
学芸員さんがとても楽しくわかりやすく話してくれた。
最後は時間を早送りし、東の空が少しづつ明るくなり
朝が来て終了。

私は本当に感激した。
楽しかった~、プラネタリウムまた行きたいな、また見たいなと
両親に話した。

それからしばらくして、私の住むエリアにもプラネタリウムができた。
前に観たプラネタリウムが楽しかった私は見に行こうと家族に提案した。

弟が音や光に敏感なのは知っていた筈なのだが急に暗くなったり、
大きな音が出るわけではないと両親は判断したのかもしれない。

皆で席に着き、ワクワクしていると
突然ぱっと電気が消えて真っ暗になった。

「ぎゃあぁぁぁぁぁぁ~~~~~っ!!!」

闇をつんざくような叫び声をあげたのは弟だった。

母は彼を抱えて暗闇の中をあわてて外へ出て行った。

録音された音声のプラネタリウムが始まったが
しばらく外で泣き叫ぶ弟の声が重なって聞こえていた・・・。

「可愛そうなことしちゃったね。」

プラネタリウムが終わり外へ出た私に母が言った。

胸の痛い休日になってしまった。






拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
わかります~~
ウチの娘たちが卒園した幼稚園は
七夕のころに毎年プラネタリウムに行って
「七夕伝説」の上映をみるんです。
もちろん暗くなった途端に「ぎゃああ~~~」と長女大パニック。
次の年からは、ロビーで休憩でした。

プラネタリウムのほかに、
自閉症児には「強敵」のところが
千葉のネズミさんの国。
あそこも「暗い」「光る」「音楽うるさい」で
「ぎゃああ~~~」でした(苦笑)
今ではだいぶ慣れたようですが・・・
アリッサム。 URL 2011/05/13(Fri)19:26:24 編集
アリッサムさんへ 
長女さんもプラネタリウム苦手だったのですね。
お化け屋敷のように感じるのでしょうかねぇ。

ネズミ~ランドは光に加え音もすごいですから
プラネタリウム以上のとてつもない恐怖に違いありません。
自閉症の子どもは、もしかしたら私達が感じる
5倍10倍の音や光を感じているのかもしれませんね。
長女さん慣れたようでよかったです~。
Murphy 2011/05/14(Sat)12:58:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]