忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 02   2017 / 03   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     04 >>
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

きょうだい児でブログを検索していたら見つけたある記事。
d.hatena.ne.jp/satomies/20100909/p1#c

「ちぃちゃんにはいろいろ配慮が必要だ。それを見て育っているアンタは『同じように』してもらえると当然思うと思う。わたしもそう思う。でもそれを周囲は『甘い』と言う」。「もう人にどう言われようがかまうもんか、とわたしは思う。ただアンタ自身も『ウチのかーちゃんは甘い』と思っててくれ。うちじゃ『普通のこと』でも、『ヨソんち』では甘いだろ?って思われる基準で動いてることがあることは自覚しておいてくれ。それでもってその『甘さ』がヤバいと思った時に、アンタがわたしに『甘さ』を断れ。人が決めることじゃない、わたしもアンタもそれぞれ自分で決めよう」。

ああ、私が欲しかったのは、こういうことだ、って思った。
胸の奥がキュウッとした。

きょうだい児だった方がコメントをされていて
それを読んでまた共感。
そう、そう、そうなんだ!って。
私もコメントを書いた。

そして、コメントのお返事を読んで
また胸がキュウ~ッとなってしまった。
なんていうか・・・
寒くてガタガタ震えているところに
柔らかくて温かい毛布をふわっと掛けてもらったような感じ。

コメントに貼って下さっていたリンク先の記事
d.hatena.ne.jp/satomies/20070128/p1も読ませて頂いた。

ハッとした。目が覚める思いがした。

母が私に期待したように、私も母に期待していた。

私は母の期待通りにはならなかった。
なれなかったし、ならなかった。

母も私が期待したようにはならなかった。

それだけのことだ。

なんだ、お互い様じゃないの。

母はとっくの昔に私から離れているのに
私が親離れ出来ていなかっただけなのだ。

なんだか妙にさっぱりした気分になった。
いっぱい泣いた後のような。

過去と他人は変えられないけど
未来と自分は変えられる。

私を取りまいているたくさんの

優しいもの
温かなもの
愛おしいものに

感謝して生きていこう。





拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
記事もコメントも読ませていただきました。

私も我が家には障害児ときょうだい児がいると思って生活をしています。
二女は健常児ではなく、あくまでも「きょうだい児」なんですよね。
でも、そこのところが、周りの方に伝わらないことが多く、
二女が幼稚園の時から、担任の先生が家庭訪問に来た時には必ず、きょうだい児として配慮して接してほしいとお願いをしています。
長女を、特別支援に明るく障害児も健常児も区別無く友達になれる学校に越境して入学させたので、二女も迷わずそこに入学させました。

私がPTAの学年委員長をしたり、読み聞かせで頻繁に学校に行ってるのは、
越境なので「あのオバちゃんが二女ちゃんのお母さん」と分かってもらう意味と、教室の雰囲気をいつも監視(言葉は悪いですが・・・)したいので。
「お姉ちゃんがしゃべれないからってうちの可愛い二女ちゃんに何か言ったら承知しないからねオーラ」をひそかに出しています(笑)

ブログを読んでいただいているMurphyさんにはお分かりと思いますが
二女は情緒の安定した、おおらかな子どもに育っています。
先生方からも「心配ありません。いつもニコニコして周りのお友達が癒される笑顔です。」といわれます。
いつもニコニコ?
私は二女が無理をしていないかな・・と心配になります。
そしてこうしてMurphyさんのブログにもたどり着いたのですが。

きょうだい児としてどう育つか・・・
私の育て方がどうとかは、将来二女が決めることです。私も大甘な親ですし(汗)
アリッサム。 2010/09/27(Mon)14:00:25 編集
アリッサムさんへ コメントありがとうございます。
>私も我が家には障害児ときょうだい児がいると 思って生活をしています。
 二女は健常児ではなく、あくまでも「きょうだ い児」なんですよね。

そうなんですよね。
それをよくわかっていて、かつ実行されている
アリッサムさんや↑の記事のS嬢さんのブログは
かつてきょうだい児だった私が安心して
読むことができるんです。

数多の障害児育児ブログの中には
読んでいると腹立たしかったり
きょうだい児ことを案じてしまうものが
時々ありますので・・・。
ひとこと言いたい~と思いつつ、
読み逃げしています。(汗)

私、二女さんのファンなんです。
遠くに住んでいる姪っ子のような
感じで応援してます。
大甘上等!たぶんそれくらいで
ちょうどいいバランスになるんじゃないかなって
思います。
Murphy 2010/09/29(Wed)09:52:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]