忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 04   2017 / 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     06 >>
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝の新聞に載っていたある記事の中に書いてあったこと。

小学校5年生の女の子が母親と一緒に歯科医院にかかり
X線写真を撮ってもらったところ、奥の乳歯の下に永久歯が
写っていなかった。これはまれにあることで、乳歯がぬけても
永久歯が生えて来ない。乳歯が抜けたら人口の歯をいれる必要が
あると医師から説明を受ける。
以下記事の文章をそのママ抜粋。

”母親は絶句した。”

”一生永久歯が生えない-。
その現実がわかりだすと、母親だけでなく女児も泣きじゃくり始めた。”

ええっ?

あのぉ・・・。実は私も2年程前、娘と一緒にまるっきり同じこと
告知されたんですが・・・。
その時の私と娘の会話。

「その歯が抜けちゃったら、永久歯生えて来ないんだって。
虫歯にならないように大事にしなくちゃね。」

「うん!」

受け取り方の違いにそれこそ
「絶句」してしまった。

人にとって何が幸せで何が不幸なのかって
本当に主観的なものなんだなぁ。

「永久歯が生えて来ない」という事実が
記事中の親子にとっては、泣きじゃくるほどの悲しい告知なのに
私と娘にとっては
「へぇ~、そうなんだ!」という程度のことだった。

高校生の頃、クラスメートに言われたことがある。

「Yちゃん(私と同じ中学出身の子)に聞いたんだ。
Murphyちゃんっていろいろ大変なんだね。
YちゃんがMurphyちゃんのことホントに偉いねって言ってたよ。
私もそう思うよ。」

何?偉いって?私の何がエライの?どこがエライの?
大変だとは思ってたけどエライって何?

大変だねって言われたことはちょっと救われたかもしれないけど
エライって言われたのにはもやもやした。
私はニヘラっと笑うしかなかった。

私はひねくれているんだろう。
友人はねぎらってくれたのだ。
大変な思いをしているであろう私の事を。

素直に「ありがとう」と受け取る心を
あの頃の私は持っていなかったのだ。

どんな言葉がけも受け取り方で
大きく変わってくる。

同じ事実でも、受け取り方で
幸せだったり不幸だったり、嬉しかったり悲しかったりする。

そんな事をふと感じた朝だった。

 

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]