忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 06   2017 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もう一人のきょうだい児、とは上の弟のことだ。

上弟は母から溺愛されていたと私は思っていた。

小学生の頃、私は小遣いをもらっていなかったが
上弟は毎月少年雑誌を買ったりプラモデルを買ったりと
自分で自由に使えるお金を持っていたようだ。


中学・高校生の頃、学校に持って行く弁当を、
母は私には作ってくれなかったが弟達には作ってやっていた。

母は男の子が好きで、女の私のことを嫌っているのだと
思っていたのだ。

出産して少しの間実家にいた頃
両親がいない時に少し弟と話したことがある。

弟自身は、自分がかわいがられていたなんて
ほんの少しも思っていなかったのであった。

上弟は自閉症の弟が母のゴリ押しで校区の小学校に
入学したその日から、それは大変な思いをしたのであった。
そのことに対し、母は何のフォローもしてくれなかったのだと。

母は今でいうモンスターペアレントに近い状態で
先生方の不満や怒りが上の弟に向けられることもあったらしい。
上弟は通学団のメンバーやクラスメートだけでなく、
先生にまで虐められていたのだ。

下の弟が2年生に上がる時に、上弟は意を決して
母に助けを求めたらしいのだが

「そんなに嫌ならあんたが転校すれば?」

と言われただけであったらしい。
転校すれば?と言われてもまだ小学生の彼に
一体何ができただろう。

贔屓され可愛がられていたと思い込んでいた私は
随分と上弟に意地悪なことを言った。
あんたばっかり、ずるいって本気で思っていた。

違ったんだ。





拍手[11回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
ごぶさたです。

話してみて初めてわかること、ありますね。
荒れた家庭で育つ子は、みんなどこかしらひどい目に遭うものですね。
そして、悲しいことに、そのことによって、本当は助け合えれば強力であるはずの、きょうだい同士が憎み合うことも多いのかも知れません。
かくいうわたしも、健常の兄とは生涯絶縁を解かないだろうと思います。
兄の辛さもわかるけれど、彼がわたしにふるった暴力は許せるものではないです。

もし上弟さんと母上とほど関係が悪くないのであれば、今後のことについて少しでも話し合うことができればよいのでしょうが…
MARU URL 2012/05/20(Sun)22:29:37 編集
MARUさんへ コメントありがとうございます
ごぶさたしています。お元気ですか?
亀レスで大変申し訳ありません(汗)。

>本当は助け合えれば強力であるはずの
>きょうだい同士が憎み合うことも
>多いのかも知れません。

そうなんですよね。

MARUさんのお兄さんがしたことは
人間として決して許されないことだと
思うので絶縁も仕方ないでしょう。
お兄さんもわかっているのでは。

状況はMARUさんのケースと比べようも
ありませんが、上の弟に暴言を吐きまくった私は
絶縁されても仕方がない存在なのです。
(絶縁宣言されてはいないけれど
普段の付き合いは全くないです。)
Murphy 2012/05/24(Thu)09:52:33 編集
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]