忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 09   2017 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

放映されてから随分日が経ってしまったが
私が感じたことを書いておこうと思う。


映画「ちづる」について、きょうだいの方が

「何も感じなかった。」

と おっしゃっていて
それを監督が納得されていたことにとても共感した。

きょうだいの方はお姉さんが自閉症だ。
たぶん
余所の家のホームビデオを延々と見ている感じ
ではなかったかしらと思うのだ。

私はちづるの予告編を見た時
これを、家族に自閉症者のいない人が見たら
面白かったり、興味を感じたり、
驚いたり感動したりするのだろうかって
ぼんやり考えていた。
私も何も感じなかったんだ。

病児きょうだい児の方はきょうだいが亡くなってしまえば
それで一旦終了なのかと漠然と思っていたのだが
そうではないことを知った。

病気のきょうだいが亡くなった後に、母親から
「あんたが死ねばよかったんだ」と言われた方のメールが
紹介されていた。
なんてことだ・・・。言葉が出ないよ、もう。

責められているようで辛いという親側の意見も紹介され
きょうだい達の悲しそうな表情がいたたまれなかった。

きょうだい達は誰も親のことを責めてなんかいないのに。

きょうだい達はただ

ずっとずっと

辛かったり 悲しかったり 痛かったり 悔しかったりして

そんな気持ちを誰にも言えず

我慢して我慢して我慢して

そうやってなんとか大人になって

でも、今もやっぱり

辛かったり 悲しかったり 痛かったり 悔しかったりして

ただただ

自分も障害や病気のきょうだいと同じ様に

親から愛されたい

愛されたい

それだけだと思うのに。




拍手[33回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
親から愛されたい、愛してるなら表現してほしいと思うのは人間なら当然です。
うまく表現できない親がいるのも事実ですが・・・

今年も暮れようとしています。
二女も長女も元気に越せて良かったです。
来年もよろしくお願いします。
ARISSUM URL 2011/12/30(Fri)11:24:38 編集
ARISSUMさんへ コメントありがとうございます
愛情をうまく表現できない親、
私の両親はきっとそういうタイプ
だったんだろうなと思います。

自分自身も自分の子供たちに私の愛が
伝わっているか自信がないんです。
夫のフォローのおかげで子育てできたような
もので・・。

ARISSUMさんにとって
今年は本当にいろいろ大変な年になりましたね。
来年は良い年になるよう祈っています。

娘さん達の成長を
これからも楽しみにしてますよ♪
こちらこそ来年もよろしくお願いします。
Murphy 2011/12/30(Fri)14:45:54 編集
無題
こんばんは。心が乱れては、ここに来ます。
ここに来るとぼろぼろ涙が出て、自分の心を代弁してもらい、少しだけ落ち着いて、呼吸ができます。
そんなに毎日張り詰めているわけではありませんが、どうしようもなく精神が疲弊します。

ほんとうにその通りです。
ただただ愛されたい。
確認したい。
同じように愛していると、
何かがあったら、同じように守ると
いつも言って欲しかった。

子どもの頃旅行中にプールで溺れ、顔を上げたら父も母も、姉を見ていました。深く深く傷つき、20年近く経った今でも思い出すと胸が痛くなります。
大人になってから母にそのことを言ったことがありますが、大人になってまでそんなことをいつまでも根に持っているなんて。そうやって何でも人を責めて と言われました。

わかって欲しいと、大人になっても思ってしまうのはやはり成長できていないのかと思ったり、どうしてもそういう類のいくつもの傷をクリアできない自分が嫌になります。

なかなかわかってもらうのは難しいのですね。
一番わかって欲しい人なのですが。。。

今年の日記を拝読しました。
問題はずっとこの先も続いていくのですね。
それでもたくさん笑って生きて行きたいですね。
どうかMurphyさんの今年が良い年でありますように。
saku 2013/01/24(Thu)00:04:38 編集
sakuさんへ コメントありがとうございます
辛かったですね。
悲しかったですね。

障害のあるきょうだいと同じように
愛して欲しかった、ただそれだけなのに。

sakuさんの心が少しでも
安らぎますよう祈っています。

またいつでも来てくださいね。
Murphy 2013/01/24(Thu)20:58:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]