忍者ブログ
きょうだい児だった私が今まで歩んできた道   Since 2010
〓 Admin 〓
<< 06   2017 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

wish.yotsumeyui.com/Entry/78/

↑の続きのエピソード

補導員に捕まりそうになった私は
その後矯正歯科にかかったときは
直接家に帰らず、クリニック近くの親戚の家に泊まり
日曜の午前中に帰宅することになった。

親戚の家は自営業で忙しく
子ども心に迷惑なんだなということはなんとなくわかったが
私には自分の意見を言う権利などなかったので
仕方なく泊めてもらっていた。

その日はなんとなく体調がすぐれなかったのだが
診療の予定が入っていたので出かけて行った。
夕方になり親戚の家に着く頃にはフラフラだった。

そしてその夜は、いつもは忙しい伯父がなぜか外食に
連れて行ってくれた。
と言っても、とうていご飯が食べられる状況ではなく、
伯父伯母従姉妹達が食事をしている間、
私はトイレで激しい下痢と嘔吐と闘っていた。

伯父はそんな私に対して気分を害したようだった。

日曜の朝、伯母が休日診療所に連れて行ってくれた。
熱を計ったら少し高い熱があったと思う。
注射を打って薬をもらったあと、伯母は最寄りの駅まで
私を送ってくれた。
「家までは送って行かれないから。一人で電車乗って帰ってね。」
と言われた。

全く記憶にないが、電車を乗り継いでなんとか帰宅できたのだろう。

家で寝ていると仕事から帰った父が驚いていた。

「(伯父か伯母が)会社に電話してくれたら俺が迎えに行ってやったのに・・・」

親戚と両親の間でどんなやりとりがあったのかは知らないが
私の矯正歯科への通院はこの時を限りに終わりになった。




拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参加しているランキング
プロフィール
HN:
Murphy
性別:
女性
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
P R
バーコード
Copyright(c) きょうだい児だった自分を振り返ってみる All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]